BINS WORKS

アクセスカウンタ

zoom RSS サントリーの山崎蒸溜所へ行って来ました。

<<   作成日時 : 2012/04/09 15:47   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

画像


思えば、一ヶ月以上書いていませんでいたね・・・
しかも、ゴム銃ネタじゃないし・・・

阪急・大山崎駅を降りると霧雨が降っていました。
こんな日に限って、折りたたみ持ってないよ・・・目の前のコンビニで傘を買う。

途中、待庵や離宮八幡という見所を横目にしながら、見学の予約時間に遅れるわけには行かないので先を急ぐことに。
ちょっと勿体無かったかなぁ。

落ち着いた趣きのある町並みを眺めながら10分ほど歩くと蒸溜所のがありました。
大阪の中心から30分ほどとは思えない自然に恵まれた環境。

見学ツアー出発までの間、蒸溜所の歴史展示を見学。
大正時代に国産のモルトウイスキーを大阪でって凄くないですか?
考えれば、先の名所でも判るように、茶の湯に使われる名水の地ならではですね。
そういえば、最初に飲んだいうウイスキーは、親父の「角」をこっそり味見したんだったなぁ。

さて、いよいよ見学開始です。

最初のフロアに入ると麦芽の発酵するチーズのような醤油のような香りが極々ほのかに香るなか、巨大なステンレスの仕込み用タンクがあり、ガラス張りの向こうには、木製の発酵樽が見えます。
画像

画像


木製って、まるで醤油の仕込みのようでビックリ!今どき大手メーカーなら効率重視で金属や樹脂のタンクだとばかり思っていました。

さて、いよいよ蒸溜ポットが登場!!これこれ!!これぞざ・醸造所の風景。
甘いアルコールの香りが充満しています。
画像


ここでは、初溜と再溜の2回蒸溜なので、両サイド2列に少しずつ形状の違うポットが並んでいます。この形状の違いで個性の違うニューポット(できたての透明な原酒)ができるのだそうです。
この後、別の建物へ移動するのですが、移動中の風景が竹林や山桜、池とまるで自然公園の中のようで、CMなんかに出てくる風景は、誇張じゃなかったんだと納得しました。
(雨の中だったんで写真は、ナシです)

次に案内されたのは、貯蔵蔵です。
ウイスキーの香る薄暗い蔵の中、様々なサイズの樽が、整然と並んでします。
はっきり言って感動です。
ガイドさんの「天使の分け前」の話をきくより、シャッターを切りまくっていました。
画像


樽の素材や寝かせる時間も重要ですが、蔵の入口に近い遠いや、上段、下段など、置き場所の微妙な違いで味わいも変わるそうで、ウイスキー作りの奥深さを感じました。

見学の最後は、試飲!!
山崎10年のハイボール、山崎12年の水割り、白州10年のハイボールを飲み比べ、頂きました。
私としたことが、あまりの美味さに、写真を忘れました・・・
中でも、山崎10年のハイボールにビックリ!!
ハイボールって、比較的安いウイスキーで作るものと思っていましたが、
上質なウイスキーの味や香りを引き立てつつ飲みやすい飲み方だったんですね。
悪いんですが、角ハイボールとは、まったく別物の、立派なカクテルでした。

壁面のライブラリーには、年代や製法の異なるモルト達がびっしりと並んでいました。
ブレンドのマイスターは、これらをブレンドし、味を決めるんですね。
画像


その後、有料のテイスティングコーナーで、出来立てのニューポットや、ブレンド前の樽別のモルトを試飲しました。
これもここでしか経験できない貴重な体験でした。
画像


前から気になっていた山崎蒸溜所の見学。
いや〜っ、感動しました。
ホント来てよかったです。
つぎは、ウイスキーセミナーに参加しようかな。

サントリー山崎蒸留所

追伸:
実は、この後、京都のサントリービール工場にも脚を伸ばしたですが、
はっきり言って普通すぎて面白くなかったので省略です。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ええですな!ビール工場へは行ったことがありますがウイスキーはまだですね
happyK-48
2012/04/11 08:50
>happyK-48さん

蒸溜所なんて、日本全国で数箇所しかない。
その一つが、大阪にあるんですから、それだけでもすごくないですか?
ぜひ、行ってみてください。
BIN
2012/04/11 17:06
おぉう、いいですね〜。一度も見学にいかずじまいでした。近くまではいくんですけどね。

羨ましいっす。
mokemoke
2012/04/13 23:21
>mokemokeさん
元はと言えば、あなたの酒蔵見学の記事に刺激されたのがはじまり。
残念ながら、日本酒の蔵出しは、一年待たないとダメでしたからね。

大人の社会見学って、お金もあまりかからないし、おもしろいですね。
BIN
2012/04/15 02:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
サントリーの山崎蒸溜所へ行って来ました。  BINS WORKS/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる