BINS WORKS

アクセスカウンタ

zoom RSS レンズ焼きってご存知?

<<   作成日時 : 2011/10/29 00:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

仕事の合間に天満橋シティーモールで小さな写真展を観てきました。

アナログプリント専門店「ワタナベカメラ」による写真展
「レンズ焼き」によるプリントた写真なんだとか。

「レンズ焼き」?
回転焼き
人形焼
ちょっと美味しそう?

このタイトルに興味をそそられ足を運びました。

サブタイトルが「フィルムで撮ったら、レンズで焼く」   ??

そして判りました。
デジタルカメラ全盛の今、印画紙へのプリントもデジタル。

たとえフィルムで撮影された写真も、一旦スキャナーで読み込まれたデータを、デジタルでプリントするそうです。

プロのフォトグラファーながら、このところプリントすることなんて無かったせいもあって知りませんでした。

で、従来の現像済みのフィルムを電球の光で透過し、
レンズで画像を結び、印画紙に露光し、現像するというアナログプリントを「レンズ焼き」というらしい。

私にとっては、普通のプリントだと思っていたアナログプリントが、
今や、そんな名前の、プレミアムなプリント方法になっちゃったんだと、
写真展の内容よりもショックを覚えました。

自宅に暗室を作って、引き伸ばし機でプリントするとういのは、もはや、伝統工芸のようなもんなんですね。

ちなみに、このワタナベカメラさん、アナログプリント専門店で、
かのアラーキーにもプリントを認めらてたお店だそうです。

しかしながら、非常にリーズナブルな価格でプリントして頂けるようです。

久しぶりに、フィルムカメラでスナップに行ってみようかなぁ〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
毎度です(^o_o^)。

一昔、二昔前?は、カメラ屋さんで現像する..と言う言葉を普通に使ってました。

今は、デジカメで撮ったものを、印刷するのは年賀状ぐらいですか。

自分が小学生の頃は、ピンポーンカメラを作って、印画紙に露光したりして遊んでました。

現像は流石に自分でやった事は無いですが、フィルム取り出し袋の中に、両手を突っ込んで、手探りで分解してフィルムを取り出す体験をしたこともあります。

全て小学生の頃、写真クラブでやった事です。

遠い昔の話しですが(笑)

写真を印刷して、コルクボードなどに貼ろうと思いますが、まぁ〜良いかと後回しになってます。
紅のブタ
2011/10/29 17:56
>紅のブタ

ピンホールカメラ、懐かしいですね〜〜。
私は、中学の頃、クラブ活動で本格的な大判ピンホールカメラで色々撮影しました。

思えばそれが、この道に入る原点だったように思います。


そうなんですよね・・・
デジタルになってから、データからプリントするということがめっきり減りましたね。

写メでパシャリと撮って、待受にする感覚が普通になっちゃったようですね。

できれば、もう一度モノクロの撮影・現像・プリントをやってみたいなぁと思いますが、今や、最高に贅沢な趣味になってしまったようです。
BIN
2011/10/30 02:17
レンズ焼きと聞いて焼いたレンズ豆かと思ってしまいましたよ。
BlueBat
2011/10/30 21:30
>BlueBatさん

そうそう、美味そうな響き。
BIN
2011/10/30 22:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
レンズ焼きってご存知? BINS WORKS/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる