BINS WORKS

アクセスカウンタ

zoom RSS プロクソン スーパーサーキュラーソーテーブル

<<   作成日時 : 2015/05/11 18:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


今まで、直線切りは、手ノコでギコギコと汗だくになりながらだったのですが、念願の機械化です。
「プロクソン スーパーサーキュラーソーテーブル」は、以前からゴム銃協会皆さんの間でも導入されている方が多く、気になっていたのですが、オーバー3万円という価格がネックになって二の足を踏んでおりました。

実は、この下に「プロクソン ミニサーキュラーソーテーブル」という機種が1万円ほどで販売されているのですが、切断能力があまりにも低く使えないとのことで、これから購入をお考えの方は、迷わず「スーパー・・・」の方をお勧めいたします。

早速、試し切りということで柔らかいファルカタ材をガイドを利用して40mm幅に縦斬りにしてみると、あっという間にカット終了!!木質がやわらかすぎるのか、バリがかなり出ました。

次に、6mm厚のヒノキ材を横方向にカットしてみたのが下の写真。
ここの程度の毛羽立ちなら問題ないかな。

画像


最初から付属のφ85mm 24山 チップソーより、φ85mm 80山 木工用ブレードい交換するのもよいかも。

事前の評判では、付属の「直線切りガイド」が頼りなく使えないと聞いていましたが、思ったよりしっかりしたもので、ちゃんと直線が出ます。どうやら、いつの間にか改良されたようですね。

画像


「角度切りガイド」の目盛は、微妙なので、しっかりスコヤを使って調整。基本、角度切りは、しないと思うのでこれでOK。

画像


そうそう、この製品の裏面には、ゴム足などの滑り止めありません。基本は、作業台にビスで固定などを推奨している為だと思うのですが、作業のたび、出し入れしないといけない私の場合そういうわけにはいきません。
なので、これを使います。

画像


おなじみの百均、ダイソーで買った「シリコンシー」です。
色味は、別として、薄くて熱にも強いすべり止めとして、我が家では、大活躍です。

「プロクソン スーパーサーキュラーソーテーブル」の詳しい仕様などは、こちら

さて、ここらで新しい銃の制作にかからねばいけませんね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。(^o_o^)

手ノコを卒業されたのですね。
少し寂しい気持ちです(笑)

自分は何も作らない日々が続いてす。(^_^;)

なんと言うか、熱が冷めた状態でしょうか..

ブローバックのCAD図を作ったところで時間が止まってます。



紅のブタ
2015/05/11 23:20
>紅のブタさん

お久しぶりです!!早速の書き込みがめちゃ嬉しいですわ♪

私も、かれこれ1年ほど放置状態でしたからね。
その間、多少図面制作などしていましたが、新しい銃は、一向に作っておりませんでした。

頑張って、刺激になるような物を作らないといけませんね。
BIN
2015/05/12 00:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
プロクソン スーパーサーキュラーソーテーブル BINS WORKS/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる