BINS WORKS

アクセスカウンタ

zoom RSS VAIO君、HDD換装戦記

<<   作成日時 : 2014/05/20 13:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

このところノートPCのHDDの調子が悪く、音からしてやばそう。
購入から5年ですからしかたがないですかね・・・

とは言え、すぐに買い替えというわけには、いかないし、できれば次は、Macにしたいので、このWindowsは、経理専用機としてだけでも生き残ってもらわないと行けません。

ということで、いつも以上にバックアップを取り保険を掛けました。

1日目
まずは、新しいHDDを買いに日本橋へ。
最近の事情に詳しくない私ですので、本体からHDDを抜き取って持参し、「これと入れ替えの出来る安くて信頼できるやつをお願い」と店員さんに見繕って頂きました。
HGST社製500GB/5600RPM/8MB Caheを購入です。

自宅に帰ってよく考えると、そうか、なにも全部リカバーしなくてもクローンしちゃうという方法があるなぁ!
でもそれなら、一旦、外付けにする必要があるので、ケースが必要。
早速Amazonさんで注文しました。
クローン作成ソフトのお勉強と準備をしながら待ちます。

2日目
到着したケースに新品のHDDをセットし、いざクローン作成。
ありゃ?なんだかうまくいかない・・・
じゃあ、こっちのソフトでは、どや!
あら、なんかよくわからんがこれには入らん的な表示が・・・
何度も試すが同じ結果・・・フリーソフトやからか?今日は、もう無理・・・

3日目
別に買ったバックアップ用Western Digital社製外付けHDDのオマケに付いてきたバックアップソフトにクローン作成機能があることが判りこれでチャレンジ!
今度は、腐ってもメーカー純正ですから大丈夫でしょ。
クローンを作るのは、中身にもよりますが4〜8時間と非常に時間がかかります。
最初は、うまくいっていた作業ですが3時間ほど経ったところでストップ。
どうやら、HDD自体に損傷箇所があってクローン出来ないようです・・・

4日目
今日は、完全リカバー作業です。
最初から、こうしておけばよかったんですが、また、各種設定を山ほどやらされと思うとついつい楽をしようとしてしまったのがいかん買ったんでしょうね。
新しいHDDを取り付けリカバー開始、ディスク4枚、約2時間半の作業で再起動。
ありゃ?「このコンピューターのハードウェアで動作するようにWindowsを構成できませんでした。」
おいおい!!で、再起動すると「インストールが完了できませんでした。このコンピューターにWindowsをインストールするには、インストールを再実行して下さい」
なんだか判りませんが、どこかでエラーが出たようです。
画像

思い直してもう一度。
2時間半後、またしても同じメッセージが・・・・
こうなるとリカバー用のディスクに問題があるのかもしれない。

リカバー用のディスクは、買ったパソコンから自身で焼きだす仕組みになっています。
なので、前のHDDに差し替え立ち上げ、ディスクを作り直すんですが、これにまた1時間以上かかりました。

で、もう一回HDDを入れ替え3度めの正直です。
2時間半後、またしても同じメッセージが・・・・
叩き壊すぞこっらぁー!!という気持ちで本日終了。

5日目
あれから色々調べてみると、最近のHDDには、AFT(Advanced Format Technology :アドバンスド フォーマット テクノロジー)という技術が採用されているらしい。
セクタサイズを従来の512バイトから4096バイトに大きくする技術で、プラッタの容量を増やしたり、エラー訂正の精度を高めたりするらしのだが、
ようは、私のPCがWindows7の初期頃発売のモデルで、AFT採用のHDDをぜんていとしていないので、「なにこれ?無理!」ってなるらしい。

で、それをごまかすやり方も判った。

まずは、インテルのダウンロードセンターから「インテル・デスクトップ・ボード用インテルラピッド・ストレージ・テクノロジー・ドライバー」を入手し、USBメモリに展開して保存。
次に、ディスクから起動できるOS(Ubuntu Desktop 日本語 Remix)のダウンロードしブートDVDを作る。


普通にリカバー作業を進め、再起動要請が来たところでシャットダウン。
Ubuntu Remixで本体を起動し、USBメモリ内の「iastor.sys」ファイルをファイルマネージャーを使って「Windows/System32/drivers」 フォルダーにコピー(上書き)します。
一旦シャットダウンして、HDD再起動すると、今まで詰まっていたところを回避して先に進めます。
最後までセットアップ作業を進めリカバリが終了させます。

で、ここからが問題。
このままでは、Windows Update(ウインドーズ・アップデート)できない状態らしく、インテルのダウンロードセンターから「 インテルのダウンロードセンターから「 RAID ドライバー」をダウンロードしてインストールせよとのこと、
これで、完了らしいのですが、私の場合、最後の壁、このドライバーを入れてもWindows Updateが機能しません・・・・
ドライバーのバージョンをチェックしたりしながら何度も試しましたがだめ・・・諦めました。

6日目
もう、しかたがありません非AFTのHDDの売れ残りを探しだして発注です。
幸い、Amazonさんで購入できました。


先のHGST社製500GBは、ケースに入れてポータブルHDDとして使うことにします。(いらん出費をしてしまった・・・)


ということで、現在このHDDの到着待ちの状態です。

ここでは、1日目、2日目と書いていますが、実際は、その間放置している日もあったので2週間以上経過しています。
この先も、各種設定、データの移動・・・長い戦いになりそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なんだか大変な事になってますね。読んでて気が遠くなりました(笑) そういえば私も前にHDD交換したことがあります。その時はすんなり交換出来ましたが、それからしばらくしてまた調子が悪くなりましたので、買い替えました。4年ぐらい使ったかな
パソコンはこの1年でずいぶん値上がりしてきましたね・・
最近はデータはドロップボックスとグーグルドライブにバックアップしてます。
まぁ私の場合音楽ファイルと写真ぐらいですが、お仕事関係でクラウド対応できないデータもお有りでしょうし、HDD交換うまくいくように願ってます。
たけちゃん
2014/05/20 15:17
>たけちゃんさん、こんにちは!

そうですよね、今は、クラウドがあるので、万が一の場合に備えておくことも出来るようになり便利ですよね。

さすがに仕事関係のモノを無料のクラウドに保管というわけにはいきませんが、有料のサービスを使ってでもクラウド化することも考えないといけないかも。

いずれにしても、本体自体は、まだまだ問題ないので、延命して使ってやりたいと思います。
BIN
2014/05/20 18:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
VAIO君、HDD換装戦記 BINS WORKS/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる