BINS WORKS

アクセスカウンタ

zoom RSS Bin's CP Side Shoot Prototype00

<<   作成日時 : 2011/04/27 03:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

Bin's CP Side Shoot Prototype00 (BINS WORKS オリジナル)

<制作>  2011年4月27日
<全長>  280mm
<銃身長> 135mm
<素材>  ヒノキ、ホウ、アガチス、アルミ
<塗装>  木彫オイル

画像


BINS WORKS発のCP競技専用銃として開発しました。
端材を使った簡易試作銃での発射テストから、きれいなループのフリスビー効果が高く、
ソフトなタッチと週弾性のバランスから、銃身長を135〜140mmと決定するところから設計を始めました。
フロントフックには、高速装弾時にミスの少ないピンフックを採用。
発射弾道の落下分を考慮して、ピンからフックまでの軸を上向きにずらしています。(とはいえ角度は、感です。)
照準部分は、本体の仮組み後、実際に試射して角度調整の後取り付けました。

完成後のテストでは、なかなかいい感触ですので、次の大会では、少なくとも前回の成績を上回る結果は、出せそうですが、此処から先は、以下にスムーズに装弾するかという問題なので、練習しかないですね。

また、細かな部分は、製作途中のブログを参照頂ければと思います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
弾道が右に反れるのを、照準装置をオフセットして矯正しているのですね。グッドアイデア!
mituzou
2011/04/27 23:04
>mituzouさん

私が思うには、横掛にすると、ホールドフックとノーズに段差が出来、差はあれ必ず照準の左右ぶれが起こるように思うのですが、そんなことはないんでしょうかね?
勉強不足か・・・
BIN
2011/04/28 00:03
その通りだと思いますが? 私も勉教不足で・・・
私の横掛け銃は、3層銃身の真ん中をアルミの傾斜高銃身にして、照準装置にしていますので、オフセットできませんので、フック側銃身側面とグリップを削りこんで正照準時の着弾点のチューニングをしています。

参考:[私の横掛け銃です]
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1601761750&owner_id=4539480
mituzou
2011/04/28 02:18
>mituzouさん

なるほど、削り込んでのチューニングですね。
参考になります。
オフセット照準だとサッと構えた位置と誤差を修正しながらのシュートになるので、どうしても遅れますからね。
理想は、指を差すように狙いが定まる感じにしたいのですが、道は遠いです。
BIN
2011/04/28 18:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
Bin's CP Side Shoot Prototype00 BINS WORKS/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる