BINS WORKS

アクセスカウンタ

zoom RSS ハイスピード装弾用銃、Tammary 8000I をお手本に緊急開発中!!

<<   作成日時 : 2010/12/05 23:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

初協議会参加を考えると、今の手持ちの銃では、装弾にかなり不安がありましたので、
急きょ、現在のメインレンタル銃というPaconta Factoryさんの“Tammary 8000I” 目標に緊急開発してみました。

とはいえ、“Tammary 8000I”の図面が、公開されているわけではありませんので、8000Dの構造を生かしながら、
トリガー位置を少し前方に移動し、フレームを後方に延長して装弾のガイドにしました。

また、HSP701KKSにバレル部分を幅広に変更していますが、これは、手元の材料の都合もあっての変更です。

今のところ、戻しバネが手元にありませんので、作業は、切り出しまでです。

一応、、“Tammary 8000I @B”と名乗らせて頂きます。

明日から、しばらく仕事の方が忙しくなりそうなのでどうなりますやら。
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
Paconta Factoryさんの“Tammary 8000”シリーズは熟成した高性能の射撃銃です。写真を拝見しまして気づいたことが一つあります。このシアリンク式は、結構トリガーに負荷がかかりますので、このままでは使用中にトリガー下部のくびれた部分がが木目に沿ってポキンと破損する可能性があります。
対処法は、木目と直角に細い穴をあけて、接着剤を塗付した竹串を打ち込んで補強するか、合板製の予備をもう一つ準備されると良いと思います。
エスコペタ
2010/12/06 01:05
>エスコペタさん

なるほど〜、そういう手があったんですね。
シアの部分、トリガー、フックと
当初は、合板+瞬間接着剤でやるか、かなり迷ったのですが、
アガチスでも、当たる部分だけ瞬着すればなんとかなるかという気持ちだったのですが、
竹串で骨を入れるという方法は、思いつきもしませんでした。

アドバイスありがとうございます。
やってみます!!


BIN
2010/12/06 20:54
そんなに気合入れないで下さいよ
初回から優秀な成績だして、私にやる気無くさせないで下さいね
もぐら
2010/12/07 14:20
>もぐらさん

いえいえ、射撃の方は、さっぱりですから。
今回は、雰囲気を味わいながら、楽しめればなぁと思っているんですよ。

小中学生の皆さんのような適応能力は、かなり衰えていますから
BIN
2010/12/07 20:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハイスピード装弾用銃、Tammary 8000I をお手本に緊急開発中!! BINS WORKS/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる